ニュース一覧

全ての選択肢がある

教材

肉付けすることが大切

東京に通勤していて、英会話の習得を目指している方々は、様々なタイプの英会話スクールの中から、自分に最適なところを選ぶことが出来るので非常に恵まれていると言えるでしょう。でも、その中に、半年を過ぎた頃から英会話の上達が止まってしまった、と悩んでいる方はいませんか。そういう方は結構多いのです。最初のうちは、生まれて初めて外人と英語で話したという方も多いので、レッスンが始まると気持ちが舞い上がってしまい、何を言われているのかも分からずおろおろとしてしまうものです。でも、そのような興奮状態は一月もすれば落ち着いてきますし、3か月から半年もすれば、すっかり古株の受講生になっていきます。それまでの間は、英会話の実力がものすごく伸びていると感じることが出来ます。でも、その半年の間に起きていたのは、実は、実力アップではなくて、環境に順応出来たということに過ぎないのです。勿論、英会話には慣れるということが必要ですが、その基礎となる単語や文法の知識を広げていく努力も併せて行っていかないと、その上に載ってくる英会話と言う山を高くすることは出来ません。東京には、このような問題に対応する為の様々なシステムを用意している英会話スクールが沢山あります。英会話のクラスだけではなく、文法や単語力を鍛える為のクラスも併せて設けているスクールもありますし、レッスン毎に使われる文法や単語表現の説明を纏めた副教材を用意しているスクールも数多くあります。更に、東京の都心には、レッスンで行われた内容をより詳しくオンラインで解説して、受講生をサポートしてくれるスクールまであるのです。レッスン時間は決して長くはありません。レッスンの間に骨格を作り、それに自習で肉付けしていかなくては、英会話をレベルアップすることは出来ないのです。東京で英会話を学んでいれば、その為の様々なサポートを受けられるのでラッキーですね。